消費者金融団体信用保険役割と管理された信用情報

消費者金融でお金を借りる時審査を通過するのか心配です。ブラックで登録されると審査通過が、出来無い理由は色々あると聞きました。又通過し易い条件があるとも聞きました。借入が出来て返済が始まった時万が一に備えた保険がある様です。

保険が肩代わりをしてくれるのでしょうか。ここでは審査通過の基準や信用保険等を説明します。

消費者金融団体信用保険とは

消費者金融でお金を借りたい時に考えるのは、審査の問題や金利の問題安心出来る業者なのか等でしょう。借りる時に考えるのが扶養家族の多い人やある程度年齢を重ねた人は、自分が万が一病気や事故で働け無くなった時、お金を返せる様な仕組みがあるのか等と考えてしまいます。

なんらかの事情で返済不能になってしまったら、利子が膨れ上がり大変な事になります。借金返済の督促が入ったり、家族にも迷惑が掛かったりする事もあります。しかしそんなときの対処法として、返済不能に陥った時に返済を肩代わりする保険があるのです。

名称を消費者金融団体信用保険です。債務者がなんらかの事情で返済不能になった時、家族に迷惑をかけずに借金返済が可能になるありがたい保険です。債務者に万が一の事が起こった場合、当たり前ですが借金返済は滞ります。

厄介なのは家族がその借金の事を知らなかったり、家族が無職や高齢、子どもが成人していない等、その状況は債権者側からも返済不能と容易に判断出来ます。借りる方も大変で貸す方も困る状況です。そんな時この保険を利用すれば、債務者の家族に迷惑が掛かる様な事はありません。

そして債権者にとっても多額の借金を踏み倒された等に、陥らずに済みます。この保険は債権者と債務者の両者にメリットがあると言えるでしょう。

団体信用生命保険との違い

住宅ローンを組む時に、任意で加入する事が出来る団体信用生命保険があります。これは消費者金融団体信用保険と、システム的にはほぼ同じです。この住宅ローンの保険は、債務者が万が一の事情によってローンが返済不能になった時、今後の返済を肩代わりしてくれます。

只消費者金融団体信用保険と団体信用生命保険は、住宅ローンの保険の場合保険料を払うのは債務者です。

そして債務者の任意加入と言う条件です。

一方消費者金融の保険の方は保険料は債権者が負担します。その為保険加入の安否を債務者に尋ねる事は殆どありません。この保険に加入している債権者なら規約に加入の事項が記載されています。借金した債権者がこの保険に、加入しているかどうか気になる債務者は、規約を確認して見る事も大切です。

消費者金融団体信用保険は債権者側から、契約更新がされず打ち切りの傾向がある様です。債権者が保険料を支払うのでお金を借りる債務者が多い程、支払う保険料が多大な額になります。

債権者側のこの保険加入への判断は、借金返済可能な債務者の分迄、保険料を支払う事と言えます。これは単なる費用の無駄と債権者は考えるからです。そしてこの保険を悪用するケースもあります。何らかの形でこの保険に肩代わりさせる事です。

事故に遭った様に装ったり、詐欺まがいの手口で保険金を搾取したりする事です。その為この保険を廃する活動を行う弁護士も少なく無い様です。

信用情報機関と審査通過の条件

消費者金融の審査は個人情報を利用して行われます。債権者はいずれかの信用情報機関に登録していて、それを元に独自の審査を行います。信用情報機関は、CICやJICC、全国銀行個人信用情報センターの3つです。これらの機関は個人の借入金額や返済状況、残高や融資件数等の情報を収集して管理しています。

そして情報交換を企業間で行います。又この3つの機関内で事故情報等の重要事項を共有しています。その為個人の信用情報は、融資の審査をする債権者に全て把握されています。融資を申込む時他社からの借入を自己申告しなくても、ばれてしまうのはこの仕組みだからです。

しかしこの機関を利用出来るのは債権者側だけではありません。債務者側も利用する事が可能で、スマホや郵送、窓口等で申請します。只手数料として1000円程掛かります。既婚者と未婚者では審査に通り易いのは既婚者です。

これは扶養する家族が既婚者の方がいると言う理由で、責任能力が高いと判断されるからです。審査通過が出来無い理由は、短時間に多数の審査の申込を行ったとか、借入申込が総量規制の限度額を超えていたとか、過去2回以上の延滞履歴や債務整理、保証履行や破産申立などです。

審査が通らなくてもその理由が分かれば、一定の期間待っていれば審査を通過する事が出来ます。これはこの機関に登録されている信用情報は、一定期間経過すると削除されるからです。登録のおおよその期間は、申込情報の履歴は照会日より6ヶ月で、支払い状況の情報は契約期間中や終了後5年となります。

信用は自分で上げる

キャッシングに有利な人の条件は昔は正社員でした。しかし今ではパートやアルバイトでも審査に無理なく通過出来ます。勤務形態が重要な判断基準では無くなり、安定した収入であるかで判断されます。更に過去の金融機関との取引状況が健全なのかも大切です。

そして信用を上げるのは自分しかいないと言う事です。その為には約束は必ず守る事です。1日でも延滞しない事や借入先をやたらと増やさない事、過度な審査申込はしない事です。

ブラックの対処法

ブラックになってしまったら、大手の消費者金融や銀行ローンは無理でしょう。しかし借入が中小であれば可能な所もある様です。只注意点として、ブラックの人に簡単に貸出す業者は止めて置く事が無難です。簡単に貸出す業者は危ない業者ではないかと疑う事も大切です。

大手だけでなく中小の消費者金融も、簡単にインターネット等で申込む事が出来ます。慎重に業者を選ぶ事が簡単に手続き出来るだけに大切です。そして大手等は心配する必要はあまりありませんが、中小を利用する場合は正規の業者であるかを確認します。

正規の業者は貸金業法に基づいた貸金業登録がなされている事や、日本貸金業協会の会員登録をしています。これは金融庁のホームページで登録内容は検索出来ます。又日本貸金業協会は貸金業界の自主規制機関で、正規の業者は任意ですが殆ど加入しています。

優良か否かを判断する材料になります。これも日本貸金業協会のホームページで検索出来ます。

関連⇒ノーローン ... 消費者金融カードローン